本文へスキップ

新商品のご紹介


僕の大好きなキムチ 3つの特徴

ギャラリー

1.陳建一氏が選んだなら間違いなし


日本を代表する料理界の巨匠である陳建一氏が選び抜いた旨辛白菜キムチです。

■陳建一氏について
1956年(昭和31年)東京生まれ。初めて日本に四川料理を広めた、故陳建民(四川料理の神様と呼ばれていた)の長男。東京中華学校を経て、高校、大学と玉川学園で学ぶ。卒業後、父親の経営する赤坂四川飯店で修行開始。1990年 父親のあとを継ぎ赤坂四川飯店社長に就任。1993年TV「料理の鉄人」で中華の鉄人、また「NHKきょうの料理」の講師として出演。ほかテレビ及び雑誌、料理学校講師など幅広く活躍中。現在グループのオーナーシェフとして四川料理の普及や後進育成にも努める。

2.三輝ブランド内でも一番の辛さ


昆布だしの旨味と韓国チョンヤンコチュ(激辛唐辛子)の辛さが際立ち、ご飯が進むこと間違いなし。

3.キムチ売場で目立つボトルカラー


某料理番組で陳建一氏の馴染みのある黄色を採用しています。